あけましておめでとうございます&ロードバイクで左腕骨折しましたorz

皆様ご無沙汰しております。
JUNです。

あけましておめでとうございます!さーて新年の抱負を書こうかな〰と思っていたら、ライドで落車してしまい骨折してしまいました。今日はその経緯と皆様に注意喚起を行いたいと思います。

折れて腫れてしまった左手首

新春ライドto山中湖

振り返ること1月3日。正月休み最後にちょっと足を伸ばして山中湖に行こう!という話になり、8時30分に橋本駅近くのコンビニ集合で出かけました。

ルートはこんな感じです。

途中の道志みちの入り口?のセブンでロードロのメンバーと合流して軽く集団走行していましたが、メンバーのIさんが落車されて、ご本人の怪我はあまりなかったのですが変速に不調をきたしてしまいゲリラメンバーは少し遅れていくことに。

私は年末にオーバーホールしたS6号のテストライドを兼ねた初売りめぐりライドで前日に50ー60キロくらい走っていたので、道志村の道の駅で再集合するまでほぼ後ろの方にいました。。orz

行きのライドでは結局、①セブン②道の駅③山伏峠の3箇所で休憩をはさみました。

・某ロードロのメンバー@山伏峠(※ゲリラ豪雨と兼任の方です。)

・復活したIさんと山伏トンネル

・談笑するメンバ

・頼りになるリーダー!

その後、トンネルを抜け山中湖へ。
・富士山をバックに記念撮影

ランチの様子

富士山をバックに記念撮影した後はリーダーおすすめの洋食屋さんへ。

レストランの外観

レストランの外観

いただいたハンバーグ&ソーセージ

いただいたハンバーグ&ソーセージ

リーダーもニッコリ

リーダーもニッコリ

めっちゃ美味しかったです!私は記念にソーセージを持ち帰りで購入してきました。

帰りに落車

帰りは山伏峠で休憩することなく、道の駅と前述のセブン近くのサンクスで休憩になっていました。実はわたしは道志みち2回めで1回目の帰りは箱根側にぬけていたので、同志の帰りの下りは未体験でした。そのこともあり、ちょっとテンションが上り飛ばしていたのです。
道の駅までは難なく来て、行きにガンガン差をつけられていたメンバーをちぎることができ、道の駅以降もそのままのペースできていました。

が、落車の瞬間はその後訪れました。

以下は落車時の走行ログFrom Garmin Connectです

Garminのログ

Garminのログ

・落車の刹那

見づらいので、まとめるとns3:Speedが速度を表していて(単位はm/s)、Timeは標準時刻(GMT,UT)を表しているため、日本時間は+9時間です。

落車直前の2秒を切り出すと、約24km/h→0km/hになっております。その前は40km/hです。以下に下りでスピードが出ていたかわかります。

落車の原因とダメージ

じゃあそもそもなんで事故ったの?と皆さん思われるでしょう。あまり起こってほしくないロードバイクの事故ですが、それを未然に防ぐために事故の状況、原因、対策は広く共有すべきだと考え、簡単ではありますがまとめます。

状況

前述の通り、道志の道の駅を後にして15分位たったあたりの長い下りが続くコーナーで発生しました。
いきなり”パーン”という音とともにリアタイヤが破裂しました。そのため、コントロールを失い、対向車線側にぬけて落車してしまいました。その時対向車が来ていなかったのが本当に不幸中の幸いでした。

原因

ではなぜリアタイヤはパンクしたのでしょうか?落車後に骨折している私の代わりにメンバーがチューブを抜いてくれて原因がわかりました。

ミシュランのラテックス

バルブ側(上部)のリム内側に接する部分が破れています。おそらく下りで長時間ブレーキをかけていたため熱で融けたことが原因だと思われます。

この時のホイールとタイヤはShamalMilleとコンチネンタルのGranPrixTTにラテックスチューブ(リアのみ)というセッティングでした。※フロントは前にパンクしていたため、普通のブチルチューブを使っていました。この時フロントがパンクしてたら、1,2秒かけることのできたブレーキングできず、もっと悲惨な事になっていたかもしれません。
またロングライドであったので、リュックサックを背負っていたため背中のダメージはほぼありませんでした。※中に入れていたソーセージも無傷でした。

・九死に一生を得ることができたブチルチューブ

※高品質なのに、安くてあまり重くなくて安全なのが一番です。

今後に向けて

今後はヒルクライムなどのブレーキングが少ないところ以外では、ラテックスチューブを使用しないようにします。しかし、ヒルクライムの大会の中には下りもあるものもあるので、ほぼラテックスを使うことはないでしょう。
ただ、今回の原因はチューブが存在したことによるパンクなので、今考えているのはチューブレスを練習用として使用したいなと考えています。
実はチューブレスに関して試してみたいことが別途あるためでもあるのですが、それはまた別の機会に。

・検討中のシマノのチューブレスホイール